(2020)年の最高に簡単でリモートに海外銀行口座を開設する方法をお見せしましょう!

国内またはオフショア法人用の信頼できる海外銀行をお探しですか? あなたはFXトレーダー或いはビットコインの所有者であり、海外口座開設に苦戦していますか?資産と資金の保護をしたいですか?このページはあなたのためにあります。 ソリューションはここです!

海外銀行口座
Contact Us NOW!
Table of Contents

オーバックのアドバイザーは多くの銀行のビジネスパートナーであり、正式なエージェントでございます。私たちは最高に評判良く、信頼のでき、人気のある銀行にあなたの海外口座開設サポートします。私たちは個人から法人口座、仮名口座まであなたをアシストいたしましょう。

ビジネス用に海外銀行口座開設する

ビジネス用に海外の銀行口座開設するといった要件でのお問い合わせは私たちが毎日受ける最も一般的な相談です。ほとんどの会社は事業をグローバルに拡大し、海外の顧客に商品やサービスの提供を望んでいます。こうして、海外のマルチカーレンシー銀行口座はまざまな種類の通貨を受け取るのに役立つでしょう。為替レートを支払うことなく、サービスプロバイダーにさまざまな通貨で支払う必要がある場合に省コスト性のパフォーマンスを提供します。さらにビジネス用の海外銀行口座開設にはより多くの利点があります。他の記事「なぜ海外銀行口座を開設するのか? 」にさらに詳しく説明しております。

国内(オンショア)法人と海外銀行口座

ご在住の街にローカル会社をお持ちの方もいるでしょう。国内法人は基本的にローカルの特定エリア内でビジネスされます。

そのローカル会社がグローバルに事業を拡大されるとき、外国銀行口座開設でのマルチカレンシー対応は絶対です。その柔軟な銀行口座無しでは他の国でビジネスするのは不可能でしょう。

加えてサービスプロバイダーから指定の通貨で請求を支払いする時にはさらに便利です。例えば、あなたのサービスプロバイダーがヨーロッパに位置すると仮定して、ユーロでの請求がされたとします。このマルチカーレンシー対応銀行ですと追加の為替ルート手数料無しでご自身のユーロ口座から直接支払いが出来ます。さらにいくつかの銀行は低額の手数料でユーロ内の銀行への送金も提供もしています。

オーバックは一番簡単で速い方法を使って会社の海外口座開設が出来ます。

銀行リスト

国内(オンショア)法人と海外銀行口座

ローカルの会社をホームタウンで運営してますか?

海外に口座を作ることでグローバルに事業拡大しよう。グローバルに運用しよう。

銀行リスト

Contact Us NOW!
国内(オンショア)法人と海外銀行口座

オフショア法人と銀行口座

オフショア法人とは外国に設立される低課税またはゼロ税務法人です。

新事業やスタートアップとしては費用対効果の高い会社構造追求に良い選択肢でしょう。

全く同じ国で法人口座取得することは出来るでしょう、しかし私たちは基本的に他の管轄で他の口座を勧めています。こうすることによって、よりプライベートで安全な構造となります。

現在、オフショア法人は非常に安定していて便利になっていますが、通常小さな途上国が提供しております。このような国は大国や先進国と比べるとそれほどの力はありません、そのため特に特殊な事情がない限り銀行や会社も別けて保有する方が良いでしょう。

これがプロのオフショア法人の使い方です。

銀行リスト

オフショア法人と銀行口座

あなたのオフショア法人にはどんな海外銀行口座?

あなたのニーズと会社情報少しだけ提供していただければ、あなたに見合った最も可能なソリューションを見つけ出します。

銀行リスト

Contact Us NOW!

個人銀行口座

外国銀行口座開設の際によくいただいている質問の回答一つに難易度がありますが、個人口座開設は法人口座開設ほど難しくはありません。この世界の現状をみると資産と資金を多様化することは合理的です。資金を他の国の銀行に預けることは賢い選択だと言えます。

自宅営業のフリーランサーにとっても海外銀行口座はとても便利でしょう。ご選択の通貨で支払われ好きな時にいつでも利用できます。ほとんどの銀行がどこでも使用できるデビットカードの提供をしております。

強固なセキュリティーの仮名口座

たった一つの銀行にだけ仮名で銀行口座開設が可能です。この銀行はAAAクラスのリヒテンシュタインにあるプライベート銀行でございます。

仮名口座は個人口座タイプでハイエンドなクライアントのみに提供されます。この口座には法人用はございません。

こちらはいわゆる名無しで不十分な「番号口座」とは異なるサービスです。仮名口座には名義があり、この口座を通常通りに利用出来て本名は漏洩しません。

外国為替取引と銀行口座開設

外国為替取引(FX/Forex)は世界最大の市場の1つであり、しかしFXブローカーと取引前提での海外銀行口座開設は非常に難しいことです。

居住国や母国でちょっとした規制があるために、多くの方が居住国外のFX会社に登録をされます。そのために母国以外、その他の管轄で銀行口座開設を試みる動きがあります。

何人かはオフショア法人を設立しその法人の事業の一環として外国為替取引する方法を好みます。数少ないですがアクティブなFXトレーダーであるクライアントを受け入れるオフショア銀行はいくつかございます。最初の条件としては、必ずご自身の資金のみを利用してFXすることです。有効なライセンスを取得されない限り、第三者の資金を利用した取引は固く禁じられております。

外国為替取引と銀行口座開設

FXトレーダーのあなたは外国銀行口座またはソリューションをお探しですか?

私たちは外国為替ブローカーとの取引を受けいれる海外銀行口座開設サポートします。

銀行リスト

Contact Us NOW!
外国為替取引と銀行口座開設

Paypal(ペイパル)アカウント

事業や企業で最も簡単な決済方法導入の一つはPaypal、 Neteller、 Skrill等のサービスを利用することです。

それぞれのサービスに独自の要件、規制、制限があります。要件が満たされない時など全てのオフショア法人にとってアカウント取得は容易ではありません。特にPaypalアカウントはその独自の事業構造が必要です。まず第一に法人設立される国にPaypalのオフィスがあるか確認してからになります。以下のリンクからどの国が対象とされているか確認出来ます。

https://www.paypal.com/au/webapps/mpp/country-worldwide

ほとんどの場合は、法人と同じ管轄(国)にある法人口座を見せる必要があります。そのため、オフショア法人設立前にまずは一度当社のアドバイザーまたはPaypalに一度ご相談ください。

ビットコインフレンドリーな銀行口座は必要ですか

ビットコインフレンドリーな海外銀行口座は必要ですか?

多くの大手銀行は銀行口座またはデビット/クレジットを使ってビットコインの売買を禁じていますが、まだ銀行や金融機関でビットコインや類似した仮想通貨の購入を許可している所もあります。

銀行リスト

Contact Us NOW!
銀行リスト

こちらのリストは当社と提携している銀行リストです。各銀行には、銀行口座を開くための独自の契約条件があります。

Liechtenstein Banks

リヒテンシュタインプライベートバンク

非常に評判が良く信頼できるリヒテンシュタインの銀行口座開設が出来ます。この銀行はAAAランクのプライベート銀行です!!高いセキュリティーと一流の投資を提供しています。追加として、この銀行では仮名口座(個人口座タイプ)の取得も出来ます。つまり非常に素晴らしい投資結果を得る機会をこちらの銀行は提供することが出来るということです。通常、こちらの銀行口座開設は容易ではありません、特にリヒテンシュタインの法律で規定されているデューディリジェンスに関する点です。申請者は全ての規定に通過することと辛抱強さを習得する必要があります。この銀行の資金払込料(Initial Deposit)と最低残高はとても高額です。従って、当社は十分な資金をお持ちの方で銀行の要件を満たした方のみを招待いたします、そして銀行が提供する投資商品と存分にお楽しみください。この銀行とでしたらお金を増やすための優れた戦略を含む完璧な関係性を築けます。個人と法人の両口座の開設が出来まして、仮名口座も可能です。


資金払込:EUR 100,000 ~ 300,000の間


個人の現地訪問は必要なし


サービス料(個人口座): EUR 2799.00

郵送料: EUR 70

Order Now

サービス料(法人口座): EUR 2999.00

郵送料: 70EUR

Order Now
Read More
Cyprus Banks

キプロス銀行

キプロスは地中海に浮かぶ小さな島です。北部と南部に別けられます。北部地区はトルコに統制されています。こちらの地区に所在する銀行はより柔軟的であり、よりオフショア法人に対してオープンです。南部は金融センターで知られており、EU圏内の国に入ります。こちらの地区にはいくつか名の知れた銀行があり、強固なセキュリティーと格別なサービスを期待できます。外国人に対して個人口座開設は非常にオープンですが、法人に対しは何らかの構造に従う必要があります。もはや監査されていないオフショア法人は相手にされません。もしこちらの地区で柔軟な法人口座をお求めの場合はまずは非課税のキプロス法人を設立してからになります。キプロスは、外国人に非常に良い低税(ゼロ税)の法人設立および事業許可を第しています。一部のライセンスはローカルディレクターを必須条件とし、その場合は該当する法人に課税されるのでご注意ください。しかしそれでもキプロスは利益に対して12.5%とヨーロッパの中でも低い税率でございます。


資金払込:EUR 500 ~ 1,000の間


個人の現地訪問は必要なし


サービス料(個人口座): EUR 1099.00

郵送料: EUR 70

Order Now

サービス料(法人口座): EUR 1199.00

郵送料: 70EUR

Order Now
Read More
Belize banks

ベリーズ銀行

ベリーズには幅広く洗練されたシステムがあります。一部の銀行はオフショア法人にさまざまなサービスを提供しております、しかし他の銀行と比べると必須書類が多く見受けられます。


資金払込:EUR 500 ~ 1,000の間


個人の現地訪問は必要なし


サービス料(個人口座): EUR 1099.00

郵送料: EUR 70

Order Now

サービス料(法人口座): EUR 1199.00

郵送料: 70EUR

Order Now
Read More
Puerto Rico Banks

プエルトリコ銀行

高セキュリティーとプライバシーのあるCRSに加盟していない国です。というのもプエルトリコは米国の規定に合わせているため、その他の国と情報交換する習慣はありません。その結果として銀行が補完している個人情報は安全です。銀行は柔軟なマルチカーレンシー口座をクライアントに提供しています。個人口座と法人口座が得られます。


資金払込: EUR 500


個人の現地訪問は必要なし


サービス料(個人口座): EUR 1099.00

郵送料: EUR 70

Order Now

サービス料(法人口座): EUR 1199.00

郵送料: 70EUR

Order Now
Read More
Mauritius Banks

モーリシャス銀行

20以上の銀行がBank of Mauritiusによって認可されています。例えばマルチカーレンシーやネットバンキング、デビットカード、国際金融などの幅広いサービスを提供しています。


資金払込:EUR 5,000 ~ 30,000の間


個人の現地訪問は必要なし


サービス料(個人口座): EUR 1099.00

郵送料: EUR 70

Order Now

サービス料(法人口座): EUR 1199.00

郵送料: 70EUR

Order Now
Read More
なぜオーバックなのか

WHY
work with OOBAC
?

1

オーバックはこの業界で15年以上もの経験があります

2

オーバックは高質な海外銀行に1,000回以上口座開設に成功しています

3

オーバックはお客様のニーズに最適な銀行をお探しします

4

オーバックは英語が不安な方のためにeバンキングの使い方案内が出来ます

5

オーバックは無料の相談をE-mail、Skype、Lineや電話でも承っております。

6

オーバックは日本語での対応が可能です

オーバックのやり方・海外口座作り方
1 ステップ

オーバックにご連絡ください。当社にはインターナルメッセージシステムを搭載しており、無料で英語と日本語でのサポートアドバイスをしております。お好きなだけご質問していただいて構いませんのでご心配には及びません。スタッフが全力で事業活動と銀行口座開設目的を理解します。これは非常に重要であり、お客様の意向をよく知るほど、適切な銀行選択のサポートができます。

2 ステップ

一度事業活動と口座開設目的の理解ができたら条件に見合う銀行をご選択できるようにいくつか提案いたします。

3 ステップ

初期の情報と書類を準備しご選択いただいた銀行とコミュニケーションをします。この作業は銀行からの安全信号か事前承認レターを頂くものです。特定の事業活動については、事前承認を得るためにいくつかの銀行に確認する必要があるかもしれません。

4 ステップ

一度事前承認が得られたら当社が完全な申請フォームを準備します。申請フォームを受信したら全てのページをプリントアウトしていただき、必要な個所に署名、最後には当オフィスに原本を郵送していただきます。通常は郵送前に当社がスキャンコピーバージョンを受け取り不備がないか確認いたします、確認が完了しましたらその時に郵送用住所を指定いたします。

5 ステップ

原本が当オフィスに到着しましたら、フォームに署名と認証をいたします、その後に銀行に提出します。このステージでは銀行のコンプライアンス部門が書類すべてと申請書を確認する必要があるため、時間がかかる可能性があります。もちろんご準備のために当社が通知いたしますが、この後に追加情報や書類を要求する場合があります。

6 ステップ

口座が完全に承認されオフィシャルレターやE-mailが銀行から届いたら通知いたします。この時点になると当社の仕事は無事に完了ということになります。この段階に入ったら口座はお客様自身の物であり当社からのこれ以上の干渉は許されないので、お客様が直接銀行とコミュニケーションをとっていただく形になります。口座に資金払込をしていただき口座をご自身で有効にしていただく必要があります。

いくつかの追加情報

海外銀行口座開設の必須書類

海外口座開設に必要な書類は銀行によって異なります。 各銀行には規制と要件があるため、さらに沢山の書類と情報を要求する場合があります。一般的には以下の書類が個人口座開設するとにき必要になります。

1)公証認証済みパスポートコピー
2)3か月以内に発行された公証認証済み住所証明書(例えば電気や水道等の公共料金明細表がご利用いただけます)
3)最新のCV/レジュメ(海外形式の履歴書)

法人口座は上記の書類を取締役、株主、ノミニーや受益者等の会社構造に関与する全ての人物分を揃えていただく必要があります。さらに、公証認証済みの会社書類を提出する必要もあります。

一部の銀行では、履歴書と初期書類審査後に追加書類提出を要求する場合もあります。全ての書類は英語か銀行が指定する言語であることが条件です。例えば、会社書類全て日本語で記載されている場合は認定翻訳家に翻訳依頼とその事務所に認証をしてもらう必要があります。この件に関してサポートが必要な場合は当社にお問い合わせください。

資金払込(イニシャルディポジット)

初期の資金払込とは口座を有効にするため資金を口座に入預金する作業です。各銀行には独自の指定された最低預金額が設定されており、銀行によって異なります。ほとんどの銀行は$500~$1000を設定してますが、一部では$25,000~$300,000を要求するところもあります。オーバックでは最小要件で海外口座開設を試みます。

海外での所得と税

なお、2020年4月15日までの知見に基づき、海外金融機関からの受取利息・配当収入は、総合課税対象となりますので、確定申告が必要となります。

ただし、年収が2千万円かそれ以下、収入が20万円かそれ以下の場合は申告の必要はなく、海外で5000万円以上の資産をお持ちの方は申告は必ず必要です。

忍耐強く慎重に

海外口座開設の手続きは日本ほどかそれ以上にデリケートです。個人の行動により、開設が断わられる場合がございますので、スタッフや通訳の指示に忠実に対応する必要があります。 すべてを明確かつ簡単になるよう努めておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

海外銀行口座開設の目的を明確にする

日本の銀行と海外の銀行では、システムや考え方がまったく異なります。利用目的が不明確な場合や、必要な書類や情報を適切にご提供いただけない場合、銀行口座が凍結され、ご利用いただけなくなる場合があります。問題を事前に防ぐためには口座利用の真の目的を我々スタッフに共有することをお勧めします。当社は顧客情報をしっかりと安全に保管しておりますのでご安心いただけます。当社は将来起こりえる問題を回避するために可能な限り最善な解決策を提案するよう努めます。

認証書類

海外口座開設時に身分証明書、例えば当局の認証済みパスポートコピー、住所証明書、IDコピー等、全て揃えて頂く必要があります。

認証が確認できない書類は有効性の無い書類とみなされます。

一つの方法としては最寄りの公証役場かその他の官庁に向かい、書類に認証を貰うことです。ご自身のプライバシーの事情で在郷での認証や翻訳にご不安を抱えてる方にはネット認証会社が正式にオンラインで認証を行います。この会社について詳細をお求めの場合はお問い合わせください。

さらに、当社のアドバイザーは正式なエージェントであり、適格な紹介者でもあり、沢山の銀行とのビジネスパートナーでもあります。それら一部の銀行に対しては当社が書類認証を代行いたします。

最適な口座を選択するために

個人外国銀行口座開設は法人口座に比べると簡単です。審査も厳しくありません。個人資産の管理は、ほぼどの銀行でも大丈夫だということが言えるでしょう。

法人で個人資産の管理をする場合、通常の市中銀行は適切ではありません。

最適な銀行と言えばプライベートバンクで、その資金運用に対しては市中銀行とは段違いの実力があります。

貴金属の購入・保管はプライベートバンクが最高です。しかもきわめて安全です。

正規のビジネスを行っている場合、市中銀行での法人海外口座開設に何も問題ありません。

ただし準備しなければならない書類がたくさんあります。

勝手に口座を閉鎖する金融機関は避ける

勝手に口座が閉鎖されてしまう・・・ そんな馬鹿な・・・と思う人は海外の事情を存じていないでしょう。

日本人の大好きな南太平洋のある国では、現在、これが当たり前のように行われています。

世界最強のある国ではこれは一種の常識で、何の理由もなくいきなり口座が閉鎖されてしまい、あわてて銀行に問い合わせると「そんなお客様はいません」と言われる始末です。なぜそういうお客様がいないかと言うと、その銀行が口座を閉鎖してしまったからです。口座が閉鎖されたため、その口座に連動しているお客様も存在しないわけです。ついでに資金は行方不明・・・。

頭がどうかしているのじゃないの・・・と言いたい状況が平気で起こってしまう国は絶対に避けなければなりません。

参考までに、ペイメントで有名なアメリカのある会社もこの傾向を強く持っています。

被害報告のサイトが続々と開設(英語ですが)されている状況ですが、一向に収まる気配はないようです。これはリスクなどと言うものではなく、きわめて危険です。

サイン(Signatuer)について

申請書にあなたのサインがあって初めて正規のものとなります。サインのない書類は単なる書類で、各銀行では受け入れることができません。 各書類の必要箇所に必ずサインいただきますようお願いいたします。

サインは万年筆またはボールペンでご記入いただき、鉛筆など簡単に消せるものは使用しないでください。

サインは日本で言うところの「印鑑」と同じです。

印鑑のない書類は日本では正規の書類とは認められないのと同じで、サインのない書類は正規のものではありません。 また、簡単に消去できる、あるいは変造できる印鑑は日本ではきわめて危険なように、サインも簡単に消せるようなものではよくありません。

日本語サインと英語サイン

申請書のサインは、必ずパスポートのサインと同じものでなければなりません。

これが違っていると書類は受け付けられません。

パスポートのサインが日本語(漢字)の場合は、必ず日本語(漢字)でサインしてください。

パスポートのサインが英語の場合は、日本語は使用せず、英語でサインしてください。

つまり、パスポートと同じサインでなければ効力はありません。

この部分は非常に多くの日本人の方が勘違いする部分で、申請書類すべて英語で記載されているため、「英語のサインでなければ通用しないだろう・・・」と考えて、パスポートには日本語でサインしているにもかかわらず「勝手に」英語のサインを記入してしまうケースが多発しています。

こうなりますと申請書は正規のものでもなんでもなく、きわめて異常な書類なってしまいます。なぜなら各銀行は申請書のサインとパスポートのサインを見比べて、正しくサインされているかどうかを必ずチェックするからです。

パスポートのサインが日本語なのに「勝手に」英語のサインをしてしまうと、これは誰が見ても違ったサインで、同じものとは認められず、その結果あなたの申請審査されることもなく「ボツ」になってしまいます。

これはまことに当たり前のことで、あなたのサインは何らかの証明があって初めてサインとして通用します。そしてこの証明はあなたのパスポートが行ってくれているわけです。

ところがパスポートとまったく違うサインを記入した場合、たとえそれがあなた自身のサインであっても何の証明もないという結果になります。それだけならまだしも、パスポートのサインとまったく違うため「何らかの詐欺あるいは騙り」と判断されます。

あなたにとって、それは間違いなくあなたのサインであっても、銀行にはその事実は全く分かりません。つまり銀行から見ると、これはニセモノだということになります。

申請書に記載する言語

各銀行などへの申請書にはおおむね英語が使用されています。まれにフランス語やイタリア語・ドイツ語の場合もありますが、基本的には英語です。

つまり、英語なら各国で理解できるだろうと考えられているからです。英語は疑いもなく国際言語です。

こうした申請書にある必要事項(サイン以外の部分)を日本語で記入してしまうとどういうことが起こるでしょう。

日本語は、記入した本人は理解できます。もちろんです。 ところがこれを読む銀行担当者は日本語がまったく分からないケースがほとんどです。彼らにとって日本語はたちの悪い暗号のようなもので、それが日本語だということすら理解できないことも多々あります。

その結果、彼らは悪質な冗談だと考えて、ブツブツつぶやきながらゴミ箱に放り込むことになります。つまり、あなたが悪戦苦闘して申請書に書かれている英語を何とか理解したとしても、日本語で記入(サイン以外の部分)してしまうとゴミ箱行きの運命が待ち受けているわけです。

これは不思議なことでもなんでもなく、立場を逆にして考えれば誰でも分かることです。

たとえばあなたが日本の銀行の口座開設担当者だとして、アラビア語で記入されている申請書があなたのもとに到着したとしましょう。

その申請書はあなたにとってどう見ても正規のものとは思えず、何が書いてあるのかまったく理解できず、それどころか「ミミズののたくったような(まことに失礼!)」文字は文字とすら思えないはずです。どう見ても落書きにしか思えない・・・。 そうすると何が起こるでしょう・・・。

なにとぞご理解ください。

日本語は日本という地域でしか通用しないのです。

クレジットカード/デビットカード

通常、当社が提携している銀行のほとんどはどこでも利用できるデビットカード又はATMカードの提供があります。そのため、どのATMからも現金を引き出せ、スーパーで買い物やオンラインショッピングも出来ます。一部の銀行は異なるクレジットカードの提供もあります、しかし非居住者の口座保持者にはいくつかの制限があります。 詳しくはお問い合わせください。

あなたが口座管理する人物です。

オーバックでは(法人、個人、または仮名の)海外口座開設サポートをいたします。一度口座が開設されるとあなたが口座管理や取扱全般の責任者になります。私たちは銀行のビジネスパートナーであり、正式なエージェントでございますがオーバックのスタッフが顧客の口座変更する権限はありません。銀行とモバイルウォレット機関には、私たちが従うべき厳格なセキュリティポリシーがあります。これには、口座所有者であるあなたに口座責任の権限を与えることが含まれます。一部の会社構成にノミニーが取締役や株主になっていますが、当社は受益者が口座管理の人事として銀行に紹介します。そのためご自身が銀行口座の全権限があることをご確認ください。

バンキングシステム

各銀行またはモバイルウォレット機関には独自のバンキング構造とシステムがあり、国によって異なる場合があります。システムと方向性を十分に理解していただくことで、ご自身の口座をより簡単に操作することができます。

口座マネージャーと直接コミュニケーションする

一部の銀行では、バンキング経験される時にサポートまたはアシストできるダイレクトアカウントマネージャーを紹介しています。より良い情報とオファーを得るために必ずアカウントマネージャーの活用することをお勧めします。たまに銀行が役立つだろう新商品や興味深い投資の機会を提供することがあります。銀行員と良い関係性を築いて多くのメリットを得ましょう。

違法な会社との取引は厳禁

法人用にと海外口座開設時には上記のように、必ず、新しく開設する口座へ送金する送金元の情報、新しく開設する口座から送金する送金先の情報が必要となります。

ところが、もし送金元あるいは送金先に違法な会社を銀行に知らせてしまった場合、当然ながら銀行は、あなたの会社も違法活動に関わっていると判断します。

このため最悪の場合、法人のための海外口座開設どころか、あなたの会社が直ちにブラックリストに掲載されてしまう・・・という結果になります。

特にフィナンシャルビジネスを行っている会社を送金元、送金先として銀行に知らせる場合、その会社が正規のフィナンシャルライセンスを持っているかどうかにご注意ください。

もし取引先が正規のフィナンシャルライセンスを持っていない場合は、たとえあなたがその事実を知らなくても、結果は同じことになります。

当座預金口座(チェッキングアカウント)ってなに?

当座口座(チェッキングアカウント)とは、銀行または金融機関が保有する預金口座の一種です。また頻繁にカレントアカウント、トランセクションアカウントやディマンドアカウントというようにも呼ばれています。当座預金口座保有者は、無制限回数の入金と引き出しが通常許可されるため、日常の取引に口座を使います。当座預金の資金は、小切手、電子小切手、現金自動預け払い機、ATM、および電子デビットを介してアクセスできます。この口座は請求書の支払いやオンラインショッピング、オンライン送金を利用する時に非常に便利です。銀行は、学生口座、共同口座、商業口座など、いくつかのタイプの当座預金口座を提供しています。商業口座は企業が日常の取引を行うために利用されますが、共同口座は主に夫婦やパートナーが利用します。銀行によっては、学生に低価または無料維持費で当座預金口座を設けており、卒業するまでこの口座を利用できます。

安くて柔軟な口座となっております。通常この口座から銀行は利益を多く得ません。どちらかと言えば顧客を引き付けるためのマーケティングツールとして設けているため、その結果ローン、クレジットカード、預金証明書などのより収益性の高いサービスを提供できます。

当座預金口座を開設する際は、最低残高要件と当座預金手数料について銀行員に必ず確認してください。一部の銀行は、残高の少ない口座に高い維持費を適用し、当座貸越手数料が高くなっています。

よくある質問

カレントアカウントってなに?

銀行業界では、カレントアカウントは銀行または金融機関が保有する当座預金です。また、サービスプロバイダーに請求された通貨で支払う場合にも便利です。 たとえば、サービスプロバイダーの1つがヨーロッパにあり、ユーロ通貨で請求してきたとします。 追加の為替レートを支払うことなく、ユーロ口座で直接支払うことができます。 一部の銀行ではさらに、EU圏内にある銀行に送金する際に低い取引手数料を提供するところもあります。

どうやってオンラインで銀行口座を開設するの?

最近では大手地方銀行がネットバンキングとモバイルバンキングを提供しています。 ほとんどの銀行はオンライン登録を容認しておりオンラインでの開設も承認しています。しかし、海外銀行の場合は少しだけ手続きが異なります。通常では海外銀行は最終的に認証された原本すべてと申請フォームの提出を要求します。その銀行のフォーム記入は一見簡単に見えますがそうではありません。最も良い銀行口座開設方法になると専門である銀行プロフェショナルエージェントに相談することになります。エージェントは容易に口座取得できるようにアシストしており、近年はインターネットを介して連絡が出来ます。私たちオーバックは何千人ものクライアント様達が海外銀行口座取得できたことを誇りに思います。

オーバックのメッセージシステム

ご質問がありましたら、どうぞオーバックのメッセージシステムをご利用ください。当カスタマーケアー兼カスタマーサポートチームは毎日メッセージを確認し速い返信を心がけております。日本語と英語でのサポートを承っております。いつでもお気軽にお問い合わせください。

Sign up NOW!

Log In NOW!
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Arch. Makariou III & Evagorou, 1-7, MITSI 3, 1st floor, Flat/Office 102 1065, Nikosia, Cyprus.

Email: contact@oobac.com

Skype Chat

注意:無料相談は電話、スカイプ、ライン、WhatsAppなどを通じて提供しております。オーバックにご登録し電話をご希望される場合は電話番号のリクエストをお願いします。また、日本語サポートの必要な方はどうかオーバックのメッセージシステムかSkypeをご利用くだければ幸いです。いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

Register NOW!